病気がちの子に適した保険!

加入前に気をつけたいこと!

うちの子は体が弱いから…、最近は元気がないことが多くて…など飼い主さんがペット保険を考える理由はさまざまです。いざ動物病院にかかろうとすると費用もばかになりません。だからこそのペット保険ですが、加入前に確認しておきたいのがこれまでの病歴です。
今までに一度でも病気をして動物病院で診断を受けたことのある子の場合には、ペット保険には加入できないのです。これは人間の場合と同じです。リスクに備えるための保険という考え方のため、病気になってからでは遅いという訳です。ただし、単に体調を崩したことがあるというだけなら加入できます。うちの子は体が弱そうと感じている飼い主さんは、ぜひ今のうちに保険に加入しておきましょう。

そんな虚弱な子向きの保険とは?

最近では大手保険会社から小さなペット保険専門の保険会社まで各社さまざまな保険を販売しています。これらのほとんどはネットで簡単に加入することができ、補償を受けるときには動物病院の診断書を添えて飼い主さんが保険会社に請求するという形になっています。
最も安い価格帯の保険でも最低限の補償は受けられますが、手厚い補償を期待するならちょっぴり奮発して保険料を支払っておくと心強いでしょう。保険によっては治療費の90%を補償するという充実補償を売りにしているものもあります。あくまで目安として1回の治療で5,000円かかると考えると、3回通院しても15,000円です。皮膚が弱い子の場合には、年に何回も通院が必要になるケースも少なくありません。そうなると、年に5~6回通院しただけでも月々2,000円ほどの保険料は元が取れる計算になります。リスクが大きいほど保険料は節約せずに支払っておく方が安心できます。大切なペットに良質な医療を受けさせてあげるには、補償内容で保険を選んでおきましょう。